2007年10月30日

黒歴史化

・カルドセプト10周年記念 特別サイト
「カルドセプトDS」発売決定

まとめると、
・「セカンド」のサントラ完全版を11/21に出すよ
・「セカンドEX」に新マップやサーガのマップを配信するよ
・セガ販売、大宮開発でDSに「カルドセプトDS」を出すよ
・SCEから仕事の依頼もあり、「サーガ」を外部開発に
・「カルドと言えばロケット版だよね」ということになるのも覚悟
・バグ山盛りはわかってて出した
・アップデート版はバンナムの“ご好意”
・北米版は08/01発売予定で12月あたりには体験版配信予定
・北米版同士のみオンライン対戦可能

もう何と言うか、「サーガ」を購入したユーザーの気持ちをここまで逆撫でにする発言をする理由がさっぱりわからない。
武重Pの発売前のコメントは嘘塗れと認識しながらのものであったことも自ら告白か。

「2ndEX」へのマップ配信はベスト版再販絡みなのかもしれないが、そこはゴミマップばかりの「サーガ」へ「2nd」 のマップを先に配信するのが筋だろう。

「カルドセプトDS」に関しては権利表記“Music © 1997-2008 Yuzo Koshiro” という権利表記から少なくともBGMは初代の音楽を使うということであろうし、必然的に初代のリメイクと思われる。
文面からWi-Fi対戦対応はするだろう。

今回のことで新たな怒りが湧き上がったし、愛想も尽きた。
しかし、「カルド」は捨てられない。
期待せずに「カルドセプトDS」を待つことにしよう。
「サーガ」が黒歴史化されたことがはっきりわかっただけでも収穫だ。

posted by tm at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | カルドセプト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月29日

アイマス黙示録カイジ

「アイマス」後継作「ライブフォーユー!」発売決定(電撃)

            , -‐-、  , -─- 、._
           ./    V       `‐- 、      まさかっ……!
         /                   \
      ./                    \   まさかまさかっ……!
      /            /vヘ              ヽ、
.       l            /、 -\  l\ .i,      l  バンナムっ…!
     |        /、..\ ‐--\|-'\|\l`、     l
     |       /.  \..\__    //\l\|  まだ搾ろうってのか!
     |    __   /____\.__|    |/___」
     |   ./‐ヽ┼|    ==== ̄ | ̄ ̄| ̄====  | オレたちみたいな信者逆さにふって
.       |  |.|-、|..| |   (    o  | ̄ ̄|. o    ) .|
.      |  |.|‐、| |..\__ ` ‐u-_ イ:   lヽ_ u-‐' ,ノ  まだ搾ろうってのかよっ!
.     |  |.l_(.|.|     ̄ ̄  l:::    l  ̄ ̄|
       |  ヽ-'/l   /____/ l_:::   _l l__|  いい加減にしろよ いい加減その……
      |    / l / /    , -- 、. ``‐-‐'´___l
     │  ./  ::l. /   /- 、__ ̄ ̄ ___l/.l 衣装一つ1500円て考え捨てろよっ…!
.     /|   ./.   :::l.  |_____ ̄ ̄ ̄ _/ .|
   / :::::|  /   ::::l  \_     ̄`Y´ ̄ / .|   売るぞっ……!
. / ::::::::::::|. /    ::::l     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  |\
:|::::::::::::::::::::|/       :::::l  l  l  lTTT l l.__,l:l:::: あんまり無茶すると
|:::::::::::::::::::::|\     ::::: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l ̄:::::::::|::
::::::::::::::::::::::|  \    ::::::::::::::::::::::::::::::/ |:::::::::|: オレたちは皆 中古屋へ走るっ……!

続きを読む
posted by tm at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | XBOX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月26日

いよいよ日本シリーズ

ドラゴンズナインは札幌入り後にそのまま練習突入。
先発が予想される投手陣も揃って軽い調整を行い、報道陣を煙に巻いていた。
恐らくは憲伸が初戦なのだろうが、敢えてダルにぶつけない手もあり、 CSセカンドステージでの小笠原登板が効いてハム側の予想に迷いが生じているかもしれない。

“落合流”で勝つ!〜ドラゴンズ日本一の挑戦〜(NHK)

例の如く肝心な事は喋らず、いつも通りに戦うとのお答え。
CSで“大人の戦い”が出来たことに自信を持っているのではないかと思う。

中村紀に対して開幕前に「あまり期待していないから」とぼそっと言ったことも紹介されていた。
普通ならショックな言葉だが、それまでの経緯を踏まえれば深い一言だ。
このあたりは落合流の人間操縦術だろう。

落合監督また刈った(中スポ)

普段のファッションがアレなだけに、更にらしくなったような……。
選手は黒系のスーツだから、もう組長と若い衆という感じで(森コーチが弟分、若頭はタツさん)。
まあ、森野や岩瀬はサラリーマン風なのだが。
ユニフォームを纏った途端にオーラが出る選手と、そうでない選手がいるのが面白い。

チーム打率をトップに導き突然クビになった伊勢打撃コーチを直撃(ゲンダイネット)

ゲンダイとはいえ、なかなか興味深い記事。
中日でも退団した長嶋コーチが同じゲンダイで色々と言っていたが、例え実績を残そうとも方針変更であっさり切られるのが監督やコーチだ。
若返りとなると原監督との兼ね合いなのだろうが、こうやって喋ってしまうのが倦厭されてしまった原因なのかもしれない。
鈴木孝政コーチが二軍コーチにされ、そのまま退団した原因もそれと推測されているくらいだから。

posted by tm at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 中日ドラゴンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イルミナス

「Xbox LIVE マーケットプレース」での有料配信が決定 (GAMEWatch)

パッケージ販売しても受注が集まらないだろうから、これが正解かな。
Xbox Liveの接続時間ランキングでも圏外になってしまったし、遊んでいる人は極僅かになってしまったのだろう。
発売中止でもおかしくなかったから、360版ユーザーにとっては朗報だね。
ワールド統合等のニュースがあっても蚊帳の外だったからなあ。

posted by tm at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | PSU | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月23日

イースI・II

蒼月さんのバンブラ打ち込みに触発されてバーチャルコンソールで配信されている「イースI・ II」を購入。
PCE-CDROM2からの移植だが、容量のほとんどを占めていたBGMを圧縮することで200ブロックほどに収まったようだ。
価格も800ポイントに抑えられており、配信からランキング1位を占めているのも頷ける。

今まで多くの機種に移植されている「イース」だが、PCE-CDROM2版は媒体を生かしてBGMをCD-DAで収録し (米光亮氏によるアレンジもポイント)音声による演出が成され、しかも「I」「II」を続けて遊べる点が注目を集めた。
20年前のゲームながらサウンドは古びておらず、中でも「II」のOP曲「TO MAKE THE END OF BATTLE」 は今でも魂震える名曲だ。

「イースIII」「イースIV」もPCEで発売されている。
権利関係の障壁もあるだろうが、配信を期待したいものだ。

posted by tm at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム雑多 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

値下げで年末攻勢

11月1日より「Xbox360」の希望小売価格を改定(プレスリリース)
〃*写真あり(公式blog)

通常版が4,995円、コアシステムが2,000円の値下げとなる。
更に、11月1日より期間限定生産の「バリューパック」には「あつまれ!ピニャータ」及び「Forza Mortersports2」 が同梱され非常にお得だ(しかもHDMI端子付き)。
PS3の値下げに対抗する意味合いも有るだろうが、海外で既に価格改定されているので規定路線であったかもしれない。

これで、11月1日には安くなった本体と粒揃いのソフト群が廉価版になって同時に発売されることになる。
これまで興味を持ちつつも購入を迷っていた人々には大いなる福音だ。
「DEAD RISING・Gears of War プラチナダブルパック」で暴れまわるも良し、「地球防衛軍3」で“EDF!” と叫ぶも良し、「アイドルマスター」で衣装を貢ぐも良し(?)

もちろん、「ACE COMBAT6」「塊魂」のように固定ファン向けの新作や、「真・三国無双5」「ウイニングイレブン2008」 というメジャータイトル、「アサシンクリード」という期待の海外タイトルも控えている。
買うなら今、と思うが如何だろうか?

posted by tm at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | XBOX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月19日

るぷぷキューブ ルプ☆さらだがDSに

公式サイト

96年に発売されたPSソフトで、「ルプ☆さらだ」という竹本泉漫画の世界を背景にしたパズルゲームの移植と思われる (伯父さん役の声優は故・塩沢兼人氏であり、私市淳氏に変更されているので新録だろう)。
声付き、歌有りという珍しい(竹本泉作品のゲームでは普通だが)パズルゲームで、 クリアのご褒美にショートストーリーが展開されるのが特徴だ。
出荷本数が少なくレア化していたので、待ち望んでいたファンが居るかもしれない。
rupu

原作は17年前に連載していただけあって絵は古いが、内容は竹本泉らしく今でも変わらず読める。
恐らくマニュアルにも新作漫画が載るであろうから、較べてみるのも良いかもしれない。

posted by tm at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム雑多 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月15日

セカンドステージ進出

2連勝で進出決定!!

シリーズ開始前にキーマンとされた森野、怪我を押して出場した井端や中村紀の活躍に加えて、 ウッズにいきなり本塁打が飛び出したのは良かった。
中継ぎが優秀な阪神を相手に2試合とも先制出来たのは理想的な展開で、ウッズの予言も的中したということに。

投げては初戦の憲伸の投球が抜群。
次を見据えての7回降板だったものの完全に完封ペースだった。
2戦目は“暴れ馬”中田が文字通り大暴れし、控えていた小笠原が安定のピッチングでセカンドステージでの先発登板に期待を持たせた。
岡本は少し心配だが、次は抑えてくれるだろう。
岩瀬は回跨ぎも難なくこなし、ポストシーズンでの強さを見せ付けた。
最後に飛び上がってガッツポーズしたら、 周りは意外と冷めてて浮いてしまったあたりはらしいというか何というか。

セカンドステージは敵地東京ドームに乗り込んでの試合。
データ上はドームで巨人は良く打っていて、本塁打の打ち方も知っている感がある。
対して中日側も率は高く、特にウッズは12試合で7本塁打と相性が良い。
先発が如何に試合を形作るかが焦点になりそうだ。

阪神シーツ解雇へ…福留、新井獲りで補強(日刊)
福留、FAは「回復してから」(中スポ)
福留FA行使へ…阪神、ソフトバンク移籍候補(報知)
FA宣言なら「Dの福留狙う」シーツ、ジャン解雇決定(スポニチ)

各誌、CSそっちのけの報道合戦が喧しい。
そもそもタンパリングになるのだから、記事になる時点でおかしいといえばおかしいのだが……球団もわかってて利用している面もあるだろうし、 記者が妄想で書いていることもあるだろう。
桧山解雇という誤報を一面に載せたデイリーのような例も有る。
むやみに信じて踊らされないように肝に命じたい。
移籍される側のファンにとっては一喜一憂を強いられるのだから。

……広島とヤクルトのファンが今オフ、安らかに眠れますように(祈)

posted by tm at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 中日ドラゴンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月12日

任天堂カンファレンス2007.秋

スクリーンショット集〜DS編〜(GAMEWatch)
スクリーンショット集〜Wii編〜(〃)
「モンスターハンター3」をWiiで開発中(〃)

多数のタイトルが紹介されたのだが、「MH3」の移行で全て吹き飛んでしまった印象。
カプコンの今までの所業を考えれば至極当然とはいえ、衝撃は大きい。
システムバージョンアップでWiiがUSBキーボードに対応したのも「MH3」の為と勘ぐりたくなるくらいだ。
WiiのWi-Fiコネクションに関してはまだまだ整備途上の感があり、「MH3」で真価が問われるかもしれない。

発表された新作の中での注目は、「ファミコンウォーズDS2(仮)」だ。
人類の9割が死滅しているというハードな世界設定なのは海外をターゲットにしているからのようだ(国内では累計5万4千本と奮わなかった)。
ポップな映像で本格SLGというのがファミコンウオーズの特徴だったのだが、果たしてこの転換は吉と出るか凶と出るか。

画像集(Online Player EX)

posted by tm at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 任天堂関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ストーブリーグ

まだまだクライマックスシリーズと日本シリーズが終わっていないのだが、戦力外発表も含めてマスコミが騒がしい。
ドラゴンズの場合はFA権を取得見込みの福留が注目の的だ。

福留が中日と決別・・・FA権を行使へ(デイリー)
落合竜がローズ&和田獲得へ動く(〃)

とはいえ、こうも妄想甚だしいと正直腹が立つ。
“虎の恋人”と書かないだけいつもよりマシではあるが……。
それにしても阪神が福留を獲得出来たとして、濱中や林と桜井をどうするのかと。
必要なのは先発であろうし、せめてチーム事情を考慮して記事を作成すべきだ。
ドラがローズ獲りなんて失笑ものではないか。

福留はFAせずに中日残留へ…手術費用球団負担が要因(サンスポ)

これまた正反対の記事が。
そうなれば望ましいが、手術費用は返還すれば済む問題というのが……。

平田が「6番・中堅」で先発も(サンスポ)

怪我に泣いた平田がついに輝く時が来たのか。
中村紀の腰痛に井端の右手首痛のこともあり、スタメンは読めない状況だ。
さすがに大沢親分ばりに奇襲をかけないとは思うが、井端はしれっとして先発出場しそうな気はする(既に痛み止めの注射を打っているらしい)。

posted by tm at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 中日ドラゴンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PUZZLE QUESTが面白い

Xbox LIVEアーケード(以下LA)にて昨日配信開始された「PUZZLE QUEST(以下PQ)」が予想外に面白い。
発売元はD3パブリッシャーで価格は1200MSP(1800円)。
海外ではDS、PSP、PC版が発売済みで、PS2及びWii版も来月に予定されている。
国内ではPSP版が一番乗りで9/27発売、つまりXbox360版は2番目というわけだ(DS版は発売延期中、PC版は体験版が配信されているものの発売日は未定)。

ルールは単純で、同じ色の宝石を縦もしくは横に三つ並べれば消えるというもの。
それだけならば「ZOO KEEPER」のようだが、「PQ」 では戦闘の要素を追加してRPG風に仕上げているのが面白い。
キャラクターには4種の職業が用意されており、成長の違いや武具の装備、更には魔法や騎乗する魔物といった豊富な要素が用意されている。
あまりに多すぎて最初は敷居が高く感じられるかもしれないが、それだけやりこめる内容なのでまずは体験してみて欲しい。
LA版はもちろんネット対戦に対応している。

なお、LA版は文字が小さめで読み難いので注意が必要だ。
PSP版同様に誤字誤訳も多く、改行や句読点の位置がおかしいというローカライズ物にありがちな問題を抱えている。
DS版が発売延期しているのは修正を行っているからかもしれない。

posted by tm at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | XBOX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月06日

ルータの子機が壊れる

NECのPA-WL/54TEという物で愛用していたのだけど、匂いからして内部が焼損した模様。
3年間繋ぎっぱなしでよくもったと言うべきか、商品の性格を考えれば耐久性が低いとも言えるのか。
元々発熱が大きい製品であったし、今年の猛暑が堪えたのだろうか?

仕方ないので予備にとってあったコレガのWLCVR-11を繋いでみたら下り速度が半分以下に……。
何やら不安定だし、Live対戦時等を考えると買い替えかな。
現行のメディアコンバータタイプの子機PA-WL54SE2は価格comの最安で\11457、 対してWR6600シリーズ最新のWR6670Sと同梱が\14897。
それほど性能向上は無いだろうし、悩むなあ。
WiiやDSを無線で繋ぐのに便利だから、WR7870S/SEあたりにしようかな。
価格も6670S/SEとほとんど変わらないし、XboxLiveの接続性リストでも保証済みで安心。

……などと書きつつ調べていたら不具合あったのかい!!
う〜む、こりゃもう暫く使い続けるかな。

posted by tm at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | PC関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月04日

高校生ドラフト

佐藤由と岩崎を外し、赤坂和幸と樋口賢という二人の右腕を獲得。
両者とも即戦力とはいかないようだが、将来性に期待したい。

赤坂は中田と同じく投打に優れた選手だが、投手として勝負したいとのこと。
解雇通告されたロッテ藤井のような例もあるし、首脳陣には一貫した育成をお願いしたいものだ。

樋口は英国人の父を持つハーフで、そのマスクが人気を呼びそう。
まだまだ技術的にこれからのようだが、先が楽しみだ。

デニーがきょう4日の広島戦で“サヨナラ登板”(スポニチ)

退団は決定だが、引退かどうかは決めてないとも。
肘が思わしくないようだし、年齢を考えると難しいか。
大ちゃんも辞任で揃って球界を去るのかなあ。

posted by tm at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 中日ドラゴンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アニメ版もっけ第1話 ミコシ

公式サイトの登場人物の項ほど酷くはないものの、やはり作画はイマイチ。
特に顔のバランスが悪いのと、表情に欠ける点が厳しい。
それほど動きのある作品では無いだけに誤魔化しが効かずに難しいだろう。
“ミコシ”の異形っぽい表現や登場した際の演出で意図的に変化を付けたことも、かえって原作ファンに不評をかってしまったのではないか。
製作はマッドハウスだが、どうやら下請けの手塚プロダクション色が強く出ていると思われる。

肝心の脚本は、ほぼオリジナルとなっている。
祖母(原作では亡くなっている)のために花を集める瑞生はおばあちゃん子という設定だから良いとして、花を「かわいいー」 などと眺めている姿に違和感が。
“ミコシ”は映像としても地味であり(だから過剰な姿になったのだろうが)、原作では過去の話を絡めて“見鬼”と“憑巫(よりまし)” という能力に対しての不安と希望を扱った話でもあって最初に持ってくるべき内容ではなかったのではないか。
その点で、次回は“ナガレイタチ”というわかりやすい話で期待できそうだ。

posted by tm at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑多 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月03日

4位確定

ハム:000 010 000 :1 5 1
楽天:002 000 30x :5 6 0

(日)グリン、吉川−高橋、鶴岡
(楽)田中−嶋

【勝】田中(11勝7敗)
【負】グリン(9勝8敗)

田中が完投で11勝目。
これで楽天の4位が確定し、田中も新人王当確と良い事尽くし。
それもあってか、ノムコメはデレデレモードに。
「このままいけば、来年は間違いなくエースだ」という褒めっぷり。
岩隈、一場、朝井も居るし、来年は更に楽しみなチームになるだろう。

プロ初スタメンの枡田は4打数2安打2打点の活躍。
元より打撃には定評があり、手薄な内野で頭角を現すのは必然だったかもしれない。
来季はベテランの高須、怪我からの復帰を目指す西谷との争いに参加しそうだ。

来季の選手契約について

活躍する選手もあれば、去る選手もあり。
7名の選手が楽天を去ることになった。
これで最後の発表というわけでもなく、恐らくは外国人選手からも解雇者が出ると思われる。
大社ドラフトの成果次第で変動はあるだろうが、内野手が足りないので更に多くの発表は無いのではなかろうか。

高校生ドラフトは投手三人

佐藤由を競合で外したのは残念だが、北海道一の評価な寺田龍平を一位指名。
即戦力とはいかないものの、素材が良く成長が期待できるらしい。
創設3年目で若手が少ないだけに、大切に育ててもらいたい。

posted by tm at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球雑多 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。