2005年12月17日

交渉人真下正義

本日より販売及びレンタル開始。

「踊る大捜査線」からのスピンアウト作品で湾岸署の面々もほとんど出演していないが、少なくとも劇場版の第2作目よりは面白いと思う。
脇を固める役者も本編に劣らない曲者揃いで、特に寺島進演じる木島丈一郎は「逃亡者 木島丈一郎」としてスペシャル版も放映されるほど。
他には交渉課の同僚に小泉孝太郎(首相の息子)、TTR広報にアリキリの石井正則、コンサートの指揮者に西村雅彦も出演。
更にはTTR総合指令長の國村隼と線引屋の金田龍之介というベテランが非常に良い演技をしている。
「踊る」からはおなじみの室井警視正の柳葉敏郎に巡査部長コンビの甲本雅裕と遠山俊也、SAT隊長役の高杉亘、 そして真下の恋人の柏木雪乃役として水野美紀が出演し花を添えている。
主演作品を持ちながらも頼りない印象を受けがちなユースケ・サンタマリアだが、こうも脇をしっかり固められていながら、 やはり稀有な役者とも感じる。
織田裕二のように一人で輝くと言うよりは、大勢の中に居つつも目立っていると言おうか。
なんだかわからないけど好きな役者である。

脚本は、“交渉人”作品として交渉相手を描けて(描いて)いないので片手落ちな感が。
相手を欠いた作品として「機動警察パトレイバー」の劇場版1作目(風速40メートル)に似通った面もあるが、 脚本作りは同じようにいかなかったとみえる。
「踊る」絡みで押井監督と本行監督は対談もしており、「踊る」は「パトレイバー」からヒントを得たと語っていたのだが、「真下」 も影響があるような気がしないでもない。
出来れば犯人側もきっちり描き、ラストも逃げずにまとめて欲しかった。
万能過ぎる犯人だけに、処理に困ったのかもしれないが。
続編の話もあるようだが、まさかそこに繋がるというわけでもあるまい。

交渉人 真下正義 スタンダード・エディション
ポニーキャニオン (2005/12/17)
売り上げランキング: 74

 

 

 

 

 

5万本限定のプレミアムエディションはアマゾンでは品切れ。
高いが、「木島」や「広報人」の収録された特典ディスクが人気のようだ。
通常版は邦画としては安い方なので売れそうである。

posted by tm at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑多 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。