2008年03月28日

主砲の一発で盛り返すも、無念の引き分け

広島:001 000 001 000 :2 12 0
中日:001 000 001 000 :2   8 0

(広)大竹、コズロースキー、横山、林、岸本、梅津−石原
(中)川上、岩瀬、鈴木、小林、平井−谷繁

【本】(中)川上1号(3回)

憲伸は立ち上がりに苦労するも、自らの本塁打から復調して9回被安打9の2失点。
中継ぎ陣は失点せず、何とか開幕戦を引き分けで乗り切ったという感じ。
双方どちらに天秤が傾いてもおかしくない場面が幾度もあったにも関わらず、2-2で終えたあたりで今季も広島戦で苦労しそうな気がするなあ。
市民だと乱打戦になったりするし、本拠地ではきっちりと叩いておきたいのだけど。

明日は朝倉の先発と予想されている。
ブラウン監督は打線を固定しないようなので、どういじってくるのか楽しみ。
予想を裏切った活躍のシーボルと春男なアレックスを何とか押さえ込めば勝てるのかな。
得意のシュートに加えて新球のスライダーを使うのかにも注目。

打つ方では荒木の巻き返しに期待。
初球打ちは荒木の特徴でもあるけど、今日はさすがに心がはやったのかな。
心配だった森野にも一本出たし、後はウッズと和田か。
広島の先発は新外国人のルイスと思われるので、初物投手に対してどうなることやら。

posted by tm at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 中日ドラゴンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/91404150
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。