2008年05月27日

交流戦3カード終えて

順 球団 試 勝 敗 分 勝率 得 失 本 盗 打率 防御率
01 楽天 06 05 01 00 .833 31 16 01 07 .296 2.33
02 阪神 06 04 02 00 .667 24 18 01 02 .295 3.00
02 広島 06 04 02 00 .667 32 29 07 06 .293 5.02
02 ハム 06 04 02 00 .667 29 17 05 05 .283 2.60
02 読売 06 04 02 00 .667 33 37 06 06 .315 6.40
06 中日 06 03 03 00 .500 11 23 04 04 .204 3.71
06 埼玉 06 03 03 00 .500 27 17 09 06 .272 2.63
06 福岡 06 03 03 00 .500 26 20 06 04 .278 3.29
09 東京 06 02 04 00 .333 18 30 00 06 .243 4.55
09 オリ.. 06 02 04 00 .333 28 32 02 00 .280 5.09
11 横浜 06 01 05 00 .167 24 34 08 03 .244 5.58
11 千葉 06 01 05 00 .167 30 40 04 02 .267 5.56

得失点差-12、打率.204、防御率3.71……これで5割なあたりが中日らしいというか何というか。
谷繁が脇腹を痛めて抹消、李が左肩負傷で欠場という非常事態。
それでもODAと井上で何とか補って戦っていかねばならないわけで。
せっかくスタメンの機会が来た二人には頑張ってもらいたいところ。
特に井上は代打で結果を出すタイプでも無いようだし、一試合に複数の打席に立てるのはプラスに働くのじゃないかな。

他所で目立つのは、首位の楽天に同率ニ位の広島、そして同率最下位のロッテ。

楽天の強さの秘密は序盤の攻撃力にあり(スポーツナビ)

交流戦は先制した方の勝率がリーグ戦より高いとのことで、楽天が強いのも頷ける。
山崎武が2000年ばりの打率を残し、本塁打もそれ以上となれば他球団は大変だ。
小山が半袖の季節近くになって復活してきたっぽいのも好材料。

広島は今年からパにもスコアラーを派遣したのが効を奏したのか。
元々、移動が厳しくて交流戦に弱かった面もあったわけで、ダークホースか?
何気にハーラートップに二人の先発が居るしなあ。

ロッテは交流戦大得意のはずが、暗黒路線から抜け出せず低迷。
数字上、YFKが抜けたことによる中継ぎ陣の弱体化が一番の問題点のようで。
里崎が戻っても投手が安定しないとなると深刻だ。

・マツダオールスターゲームノミネート選手

ノミネート選手の中では、岩田、高橋健、イム、押本、木村拓、平野、久米、中島、GGあたりは選ばれてほしいかな。
昨年は楽天祭りになっちゃったけど、今年はマツダがスポンサーということでカープからの選出が増えたりするのかねえ。
何気にマイクロソフトが協賛してるけど、xbox360の宣伝してくれるかな?
表彰選手に本体セット渡したりとか。

posted by tm at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 中日ドラゴンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/98223176
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。