2007年10月30日

黒歴史化

・カルドセプト10周年記念 特別サイト
「カルドセプトDS」発売決定

まとめると、
・「セカンド」のサントラ完全版を11/21に出すよ
・「セカンドEX」に新マップやサーガのマップを配信するよ
・セガ販売、大宮開発でDSに「カルドセプトDS」を出すよ
・SCEから仕事の依頼もあり、「サーガ」を外部開発に
・「カルドと言えばロケット版だよね」ということになるのも覚悟
・バグ山盛りはわかってて出した
・アップデート版はバンナムの“ご好意”
・北米版は08/01発売予定で12月あたりには体験版配信予定
・北米版同士のみオンライン対戦可能

もう何と言うか、「サーガ」を購入したユーザーの気持ちをここまで逆撫でにする発言をする理由がさっぱりわからない。
武重Pの発売前のコメントは嘘塗れと認識しながらのものであったことも自ら告白か。

「2ndEX」へのマップ配信はベスト版再販絡みなのかもしれないが、そこはゴミマップばかりの「サーガ」へ「2nd」 のマップを先に配信するのが筋だろう。

「カルドセプトDS」に関しては権利表記“Music © 1997-2008 Yuzo Koshiro” という権利表記から少なくともBGMは初代の音楽を使うということであろうし、必然的に初代のリメイクと思われる。
文面からWi-Fi対戦対応はするだろう。

今回のことで新たな怒りが湧き上がったし、愛想も尽きた。
しかし、「カルド」は捨てられない。
期待せずに「カルドセプトDS」を待つことにしよう。
「サーガ」が黒歴史化されたことがはっきりわかっただけでも収穫だ。

posted by tm at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | カルドセプト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月25日

コミック版カルドセプト6巻発売中

6巻

前巻の発売日が2005年9日21日ということで、丁度2年ぶりの新刊!
休載期間があったとはいえ、2年間を凝縮したともいえる珠玉の一冊となっている。
これを読めば、「カルドセプト」を遊びたくなること請け合いだ。

続きを読む
posted by tm at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | カルドセプト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月27日

誠意を置き忘れた会社

大会中止のお知らせ(公式)

バンナムは、これでとんずらする気まんまんに思えるのは私だけですか。
鵜之澤発言も無かったことになりそうでゲンナリ。

posted by tm at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | カルドセプト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月20日

修正版の発売日が決定

「カルドセプトサーガ」タイトルアップデート版発売に関するお知らせ

修正版でなくて“タイトルアップデート版”などと銘打ったあたりにセコさを感じるなあ。
ちなみに再受注となっているので、店頭に並ぶ数は少数と思われる。

それにしても、予約者大会だの世界大会だのリプレイアップロードだのは企画倒れかね。
このままフェードアウトして、鵜之澤副社長は嘘つきオオカミで終わるのか?
北米版は夏だそうだし、それまでに何らかの展開はあるのかもしれない。

posted by tm at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | カルドセプト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月07日

コンプ

ようやく、カードコンプ達成。
最後のカードは1枚しか手に入らないという噂だったランドドレイン。
パッチ後は2枚目以降も入手可になったそうだが、めったに使われないだろう。
収入系はトレスパス、フェーム、ドレインが王道でマナもしぶとく使われており、土地数が絡むとなれば4人戦では使いにくいという悲しさ。

さて、最近のカルドはというと、4人戦が主流になったことが大きな変化だろう。
土地が貴重になったことで即時と堅さを持つ地属性が更に優勢になり、同じく即時と攻撃に優れた火属性が持ち直した感がある。
風と水属性はどうしても速度に劣るが、属性が被って喰いあいにならなければ中盤からのし上がる戦略が似合いそうだ。
無属性と蟻やゴブモス等のコンセプトブックは更に減少傾向。
それを逆手にとって使うのもアリだが、如何せん狙いがバレバレだけに3人から妨害が飛んでくることも覚悟しなくてはならない。

汎用性を採るか、尖らせるか、セプターの個性が発揮される楽しい状況だ。
4人戦こそカルドセプトの醍醐味だろう。

posted by tm at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | カルドセプト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月02日

セカンドパッチ後

とりあえず4人戦が完走するようになったのは大きい。
ブック編集画面にカード比率が表示されたり、ランキング表示速度がまともになったり、 試合結果画面で侵略回数等の詳細が見られるようになったり。
やっと、セカンドの環境に近づいたと言えるだろうか。
まだ分裂は起こるし、戦闘中の能力処理関係も怪しい部分がある(仕様で済まされそうだが)から、これで満足とは思わないが。

ファミ通Xbox360最新号において、バンナムの鵜之澤副社長が「『カルドセプトサーガ』に対してはチューニングも含めて、 しっかりと責任を取って、きちんとした対応をしていくつもりでいます」と語っている。
未だに予約者専用大会も目処が立っておらず、海外版の発売も延期したばかり。
まだまだ問題は山積というわけで、今後に期待したい。

なお、Liveに繋いで修正出来ないユーザー向けには修正版との交換が告知されている
3月下旬より窓口開設とのことだ。

posted by tm at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | カルドセプト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月21日

最近のカルド事情

パッチについては未だに音沙汰無いが、Live対戦に関しては以前より安定してきたように感じている。
恐らくは、環境が悪くて完走出来ない人が自然と淘汰されたことによる現象ではないかと思うのだが。
それでも使用頻度の高めなチャリオット絡みのフリーズがあるわけで、調子が良くても予断を許さない状況に変わりはないのだが。

ブックについては、ランキングに熱心な一部の人を除けば多様な構成になっているように思う。
地の速攻型が優勢とはいえ、火や風の侵略型も根強い人気を誇っている。
水はどうにも地味目で、無はゴブモスが落ち着いて下火になったようだ。

サーガに関してはトレードの影響あり育成型や魔王運用といった手間のかかるブックは厳しいのだが、反面、 ネタを重視してもトレスパスとフェームのおかげで意外と戦えてしまう感はある。
広め目標6000の3人戦が主流な状況では速攻有利は動かない事実ではあるのだが、トケビやサクヤを抑えれば勝機は見えてくる。

私はといえば、
「蜥蜴」:カメレオンを拠点にする低HP本。侵略はハートチョコ進呈くらい?
「象牙」:アイボリー以外は適当に。リビングシールドでバレる可能性高し。
「怒面」:ネタ面強し。油断してもらえるとLV5落とせたりもする。
「拳闘」:フィストファイト本。焼きも絡めて侵略したいが、はてさて。
といったネタっぽいブックを運用中。
ぶっちゃけ速度は遅いのだが、まあ勝てないこともないといった感じ。
やっとトレスパスが1枚手に入ったことで収入が多少改善されたのもありがたい。
後はフェームがあればマシになるか?

しかし、トレスパスはパッチあたって4人戦可能になったらどうなるのだろ。
単体セプター呪いが効率悪いことを考えると、グラビティくらいしか対抗手段が無い。
せめてコスト100あればレイオブロウを活用するのだがなあ。
あ、エロージョンという素敵なスペルもあったな……いや、それよりもサプレッションで(ry
結局は自分も入れた方が効率良いのが泣けてくる。

posted by tm at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | カルドセプト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月30日

やっとストーリーモードクリア

これでカード集めに集中できるかな。
未だにフェーム、トレード、トレスパスというサーガのキーカードが手に入っていないのだよなあ。
箱通の攻略記事にドラゴンをトレードで奪って、などとあったけれど普通に進めて手に入るものなのだろうか?

終盤のマップに関しては、目標魔力の高さやマップのアレさよりもAIの無能さにめげた。
無属性土地を上げたまま放置、4連鎖あっても現金3000を延々と持ち続ける、 キーカードのはずなバサルトをあっさり捨てるもしくは置かない。
仮にも大ボスとあろうお方が何をやっているのかと。
せっかくのブックを考えたデザイナーが泣くよ、ホントに。

パッチでオンラインが安定したとして、困るのは対戦マップ選び。
護符が忌避されがちなことを考えると使えるマップがほとんど無いのが現状だったりする。
4人戦が当たり前になれば広いマップも良いのだろうけど、エリアが複数に渡ると達成に時間がかかりがちになるのが厳しい。
2ndのマップを追加とかなんとかならんものかね。
後はマップ変化が戦略的に使える新マップとか欲しいところ。
まあ、可能性があるとしたらサーガEXってことになるか。
バグ騒ぎで無いものと思った方が精神安定上好ましいだろうけど。

posted by tm at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | カルドセプト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月29日

想定の範囲内

「カルドセプト サーガ」に関するお知らせ(バンナム公式)

パッチの実施は一月延期することに。
ほとんど試合を完走出来ない状況が更に続くということか。
PSUもかくやという状況になってきたなあ。

改善内容に関しては、その通りに行われたならばやっとまともな環境になりそう。
カスタムマッチの検索で更新機能が無いなんて論外だ。

レスポンス向上やグラフィック表示のスムーズ化は嬉しい。
ストーリーモードの終盤の面は二度とやりたくないと思った要因の一つだから。
もう一つの要因である適当AIは直らないのだろうな、きっと。
分岐で延々と周回し続けたり、高額領地に意味なく突っ込むのは、本気でどうにかして欲しいのだけど。
おかげで、前作のようにAIキャラと闘う気もさっぱりおきない。
ほとんどランダムで選んでいるだけのような挙動だからね。

パッチを当てる環境が無い人に対する交換は3月以降ということで、発売日未定のままの海外版は4月あたりになるのかな。
当初は世界大会なんて構想もあったようだけど、パーツ配信等も含めてお流れになりそうで怖い。
リプレイアップ/ダウンロードも無しになるのかねえ。

posted by tm at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | カルドセプト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月21日

攻略本まで回収

攻略本でも不具合(まんが王八王子店)
「カルドセプトサーガ公式コンプリートガイド」誤植に関してのお詫び(pdf)

もうグダグダ。

12月下旬予定から1/17に延期したことで、バグ絡みの修正は済んだものと思っていたのだけどなあ。
ギリギリで直せず、裁断費用や修正にかかる手間を惜しんで出荷したものの、 購入者からの抗議で回収決定なんて外道な行為でなければよいのだけど(バンナムの責任に因る面も大きいが)。
最近のeb!の動向を考えるとあながちありえなくもないのがなんともはや。
真・女神転生 公式パーフェクトガイド」のように訂正をwebに載せただけで遁走するのか、 交換に応じるのか要注目だ。

posted by tm at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | カルドセプト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月09日

バグ遭遇

オン対戦が煮詰まってきたので、気分転換にストーリーをモード進めていたらバグに遭遇するはめに。

“墓標峡谷”でリララがアイテムの無いこちらにキャプチャー(アイテムのみ奪取)を使用したところ、 カードはグレイアウトされて選べない状態になっているにも関わらずギフトを選んで奪取されてしまった。
クラッシャー(アイテムかスペル破壊)でクリーチャーを破壊したり、セフト(スペルのみ奪取)でクリーチャーを奪うバグもあるそうで、 パッチ後でもこの状態では困りものだ。
ただでさえ無能なCPUに悩まされているのに、規格外の行動までとられるとは。

第二回のパッチではネット関係の安定化を図るとのことだが、その他のバグやパッチで生じた新たなバグにも対処してもらわなければ困る。
そのうえで、大会やパーツダウンロード等を行っていただきたいものだ。

posted by tm at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | カルドセプト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月01日

年越しカルド

年を跨いだ三人対戦は、残念ながら二位で終了。

蟻さん2種+地属性援護ブックで挑んだものの、対戦相手のブックにフリーズサイクロンが入っていて……。・゚・(ノД`)
マスファンタは1枚しか持って無いのに初手に出てきたものだから序盤で蟻王国は断念。
あとは地道に連鎖を増やしたのだけど、トレードで連鎖を2回切られて追いつけず。

蟻を中途半端に取り入れてもやはり厳しいなあ。
火属性にしてスウォームでも入れたペルーダ焼きブックとか……ううむ。

で、育成系はトレード対策も必要なのだけど、ランプロするかサプレで消すしかないのが厳しすぎる。
「サーガ」では育成の幅が広がったのに、バランスを保つのにトレードってのがどうにも納得がいかない。
土地呪い強化もトレードで台無しといってもよいくらいだし。
結局のところ、デク回ししてトレードを取得するしか根本的な対策は無いのかな。

posted by tm at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | カルドセプト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月26日

パッチ第一弾

カルドセプト・サーガに関するお知らせ(公式)
修正箇所リスト(公式)

バグが修正されただけでなく、ドローや戦闘時の動きも快適になった。
まだ前作には及ばないが、元が酷かっただけに随分と早くなったように感じる。
懸念の“ロケットダイス”も修正されてオンライン対戦時のマップを選びやすくなったのも大きいだろう。
ただし、オン対戦時に同期ずれが発生する点は次回の修正に回されてしまった。
当分は不安定な対戦を強いられることになる。
また、カルドセプトサーガ不具合情報に挙げられた事例の多くがまだ修正されておらず、 今後の対応も気がかりだ。

長官日記(猿楽庁)

会社としてではないが、猿楽庁からの謝罪が掲載された。
文面からは、「バグを見つけられなかった」のではなく、「修正されなかった」ということが今回の騒ぎになったように読み取れるのだが、 さてさて。

・ファミ通2006年最終号

「ニュースの焦点」で今回のバグ騒動を取り上げていたが、そのソフトに対して殿堂を与えた点に関する反省は抜け落ちており、 「どの口がそう言えるのか」という内容だった。
おまけに、巻末のヒゲポエムでは「報道は、事実や発言者の真意を、間違いなく伝えるものでなくては」と書かれている始末。
その文中で“Wiiの初回出荷は40台”などと誤植しているのだから情けない。
「Vistaでxbox360ソフトが動く」などと誤報したうえに、 謝罪訂正しなかった過去の過ちもすっぽり脳裏から抜け落ちているのだろうか。
結論に誘導する質問を受けるのは嫌だろうが、非難する前に自社の出版物のチェック体制をまともにすることが先決だろう。
そもそも、ファミ通のアンケート結果も恣意的な掲載をすることが目立ってはいないか?

posted by tm at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | カルドセプト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月16日

一歩前進

「カルドセプト・サーガ」に関するお知らせ(バンナム公式)
Xbox用人気カードゲームソフト販売休止(CNETJAPAN)
「カルドセプトサーガ」の不具合について公式見解を発表(ファミ通com)

とりあえず「ソウルキャリバー3」のように希望者のみの闇改修で済ますような愚行は避けられた。
後は満足のゆく修正を行うのかどうか。
北米版も控えていることだし、満足なパッチが当てられないならば正常品に交換すべきだろう。
店頭新品在庫は回収となったが、購入してくれた消費者に対しても真摯な対応をしていただきたい。

それにしても、このバグだらけのソフトに殿堂を与え、あまつさえ2300円もする攻略本(説明書に広告あり) を発売予定のエンターブレインはいい面の皮だ。

“『カルドセプト サーガ』については発売直後から、ユーザーから不具合の報告がなされていた。実際インターネット上にも、 不具合についての情報共有をするためにたくさんのユーザーが詳細なサイトを作っている。こういったユーザーの声がメーカーに届き、 今回の発表につながったと言える”

などとしたり顔で書かれるのは不愉快だ。
まさかサンプル版ではバグが無かったというわけもあるまいに。

posted by tm at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | カルドセプト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月03日

カクドテスト・サーギ

日々、カルドセプトサーガ不具合情報のページが更新されているのが恐ろしい。
PSUと同様に製品版でβテストをするはめになるとは。

絵師、小説家、作曲家の面々で予算を使い切ったとかいうオチなのかね。
残った金額で引き受ける開発があそこしかなかったとか。
まあ、プログラム以外はちゃんと仕事をしているのだけど(猿楽庁は保留)。

posted by tm at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | カルドセプト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月29日

お問い合わせはバンナムへ(復唱)

大宮ソフトの受難

・メサイヤ時代に「重装機兵ヴァルケン」を開発
              ↓
版権を買った会社が韓国会社に丸投げしてPS2に超劣化移植

・大宮ソフトとして「カルドセプト」を開発
              ↓
バンナムが駄目外注に依頼してゲームデザインをぶち壊すプログラム

・大宮ソフトとして「ガンハザード」を開発
              ↓
SCEより「機甲装兵アーモダイン」を発売予定だが、さて?

posted by tm at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | カルドセプト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月28日

大人の忍耐力トレーニング「カルド漬け」

更新しない間はカルド漬けだったわけだが、PSUに続いて忍耐力を試すゲームにぶち当たるとは正直思わなかった。
前作までは快適なシステムを提供していただけに、 バンダイナムコゲームズへ販売会社が移ったとたんに大幅な劣化が起こったことに強い憤りを覚える。
大宮ソフトはあくまでゲームデザインのみのようで、原因は外注したバンダイとプログラム会社、 チューニングとテストを請け負った猿楽庁にあるだろう。
説明書の記載から調べてみたところ、外注先は以下の通り。

株式会社ロケットスタジオ:プログラム担当
有限会社ソニックブルー:プログラム補佐
有限会社GSTYLE:キャラクター、クリーチャーグラフィック
株式会社界グラフィックス:BG、エフェクト、ムービー、イベント
株式会社ジョーダウン:サウンド
株式会社猿楽庁:チューニング、テストプレイ

一番の癌はロケットスタジオか。
社長は元ハドソンであり、独立してからはハドソンのタイトルを主に請け負っているようだ。
社名は広井王子氏の命名で、「天外魔境4」や「北へ」「N.U.D.E」 というレッドカンパニータイトルに関わっていることからも密接さがうかがえる。

カルドセプトサーガの出来からして、プログラマーの力量はかなり低いと思われる。
音やエフェクトを出す毎に読み込む仕様は、RAMの容量が多いXbox360では考えられない。
なんと、同じデータを続けて使用する場合も読み込むのだ。
また、シークが多いことからしてデータの配置もバラバラになっていると思われる。
内周に頻繁に使うデータを置くのが当然なのだが、その程度の最適化も出来ないのか。
これだけシークが多いということはピックアップに負担がかかることになり、DCにおける「PSO」「ソウルキャリバー」 のようなドライブクラッシャーソフトになりそうで恐ろしい。

プログラム補佐のソニックブルーはロケットスタジオと同じく北海道の会社であり、 Xbox360で3Dシューティングに関わった経験もあるようだ。
あくまで補佐ならば大きな悪影響も無いだろう。

猿楽庁はテストプレイをしっかり行ったかどうかに問題がある。
ゲームが止まるようなバグが非常に多く、それも普通にストーリーモードを遊んでいるだけで起こるような単純なものが多い。
ちゃんと仕事をしていたならば発見出来ていたはずで、バグレポートを上げたが修正されなかった可能性も高いだろう。

オンライン対戦もフリーズが頻繁に起こっているが、こちらもネットコードが腐っている可能性がある。
あまりに同期ずれが顕著で、誰かが切断されてもAIに切り替わらないことも多い。
ボードゲームという同期を厳しく取らなければならないソフトでの現状は、明らかに異常だ。

幸い、バグレポートを元に修正する用意はあるらしい。
システムのもたつきは改善しようもないが、せめてバグ取りとネット対戦環境の改善は確実に行ってもらいたい。
最悪、修正されることを期待して北米版(アジア版)を購入することを考えている。
ゲームとしては面白いだけに、本当に残念でならない。

posted by tm at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | カルドセプト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月30日

ファミ通Xbox12月号に注目情報が

レビューの点数は32点となかなかなもの。
バランス自体は従来より戦闘寄りで、これは「サーガ」として新規にカードバランスを考えたためでもあるようだ。

記事はストーリーやルール解説等に6Pと、武重Pと大宮ソフト社長のインタビューに2Pが割かれている。
インタビューは「サーガ」におけるカードバランスやLive対戦に加えて、海外版や予約特典についても触れている濃い内容のもの。
オフライン対戦会の開催予定があるというのも従来ファンには嬉しい情報だろう。
そして、注目発言。

武重P「これは声を大にして言いたいんですが、『サーガ』は本当に360専用です」
鈴木社長「仮に『サーガ』以外のシリーズ最新作ならほかのハードでもありえますが……また発売まで4年近くかかっちゃいますよ(笑)」

……もう諦めてXbox360を買おう、な!

なお、インタビュー下部には開発者VS編集者によるシールド戦のレポートも掲載。
属性を選んだ後は比率に応じた自動生成ということで、毎回違うブックになるとのこと。
エクストラカード以外はすべて登場するので、初めてのカードをいきなり使う楽しみもあるかもしれない。

posted by tm at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | カルドセプト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月08日

そろそろ情報解禁?

店頭ポスターや流通資料が到着して、今後の予定がわかってきた。
同時に予約受付を開始した店も増えているので、特典を狙っている方はお早めに予約をお願いしたい。
特に、予約者限定大会の参加権も含まれていることをコアファンはお忘れなきよう。
……実力者は今のうちに牙を研いで待っていると、嬉しい発表があるかもよ?

<予約特典内容>

●カルドセプトサーガ特製トランプ(トレカサイズ54枚セット)
●アバターアイテムx1
●ブックカバーデータx1
●カードデータx1
●大会用データ一式(新マップ、大会ルール)
●予約者限定大会 参加権利(12月以降開催予定)

カルドセプトサーガ公式サイト

posted by tm at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | カルドセプト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月25日

発売日決定

発売日:11/22 定価:\7329
予約特典:「特製トランプ(トレカサイズ54枚セット)」「限定ゲームデータセット」
*トランプのジョーカーに記されたシリアルナンバーを使ってデータをダウンロード可能

ギリギリ秋には間に合ったかな。
さすがにここから延期は無いだろうし、いよいよという感じだ。
特典の装着率はわからいけれど、昨今のXbox360タイトルの取り扱いを考えれば早期の予約をオススメしたいな。
セガダイレクトあたりが独自特典を付けそうな気もするけど、さてどうだろう?

amazon

まだ注文は受け付けていないけれど、パッケージと特典の画像あり。
トランプはいい感じだね。

posted by tm at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | カルドセプト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。