2007年09月19日

PS3 with FP94VW

PS3をFP94VWとHDMI接続して撮影している。
全てD4出力となっている(Fateのみ特殊)。
左側はアスペクト比16:9でサイドカット、右側は16:10フル表示で縦伸びになっているので見較べてみて欲しい。
なお、画像サイズはFP94VWの解像度1600x900に近く、非常に大きいので注意していただきたい。

続きを読む
posted by tm at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | PS関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月27日

PS3で振動を楽しむには

システムソフトウェア バージョン1.70アップデートについて(公式)
PS3のシステムソフトウェア バージョン1.70を試す(GAMEWatch)

今回の更新でPS2周辺機器での振動機能に一部対応されたのだが、 その副産物としてPCでPS2コントローラを使えるUSBコンバータでも振動が有効になった。
正式対応ではなく不具合も起こるようだが、振動機能が無いことに物足りなさを感じていた人にとっては朗報だろう。
ELECOM マクロ機能装備 ゲームパッドコンバータ2 JC-PS201USV (1ポート対応)

私が使用しているのは、エレコム製のJC-PS201Uだ。
本来はPC向けであるし、SCEの認めた周辺機器でもないのだが、PS3でちゃんと認識されている (コントローラIDはSIXAXISよりも優先)。
PS3でPS2タイトルを遊ぶ機会が多い方にもオススメだ。

なお、LogicoolのCordless Compact Controllerを使用することも出来たのだが、明らかに遅延が起こっていた。
「プロ野球スピリッツ4」で打撃カーソル移動がカクついたり、「ゴッドオブウォー」 でR2連打が必要な場面をクリア出来ないという厄介なレベルである。
これは、ホリのワイヤレスアナ振でも同様だろうか?

余談だが、PS3はXbox Live Visionをカメラとして認識してくれる。
ビデオチャットへ利用するのに便利だろう。

posted by tm at 08:02| Comment(0) | TrackBack(0) | PS関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クターよさらば

役員人事のお知らせ(SCEI/pdfファイル)

ついに、完全に蚊帳の外に置かれてしまったなあ。
SCEを育てた立役者には間違いないのだけど、近年の迷走ぶりの責任を一身に受ける形で退任ということかな。
PS3は週1万台ラインまで落ちているし、当分はタイトル不足で苦戦は免れない。
意外と健闘しているPSPや、普及率のPS2で暫くは勝負かな。
過剰リリースに拍車がかかっているDSと、タイトル不足のWiiだけでは市場の健全性が保たれないし、 なんだかんだでSCEにも頑張ってもらわないと困る。

posted by tm at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | PS関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月15日

PS3低コスト版?

欧州で登場した“低コスト版”PS3の正体(PCWatch)

すぐに取り去るとしていたチップはGSだけ残る形に落ち着いたようだ。
欧州のユーザーは、他地域より高い上に互換性が低くなることに怒りの声を上げていたが、互換性の程はどうなのだろうか?

今後は欧州以外でも切り替えられるのだろうが、日本では在庫が潤沢ということもあり、当分は現行のままかもしれない。
さすがに、完成品に手を入れて生産出荷数を水増しまではしないだろう……たぶん。

posted by tm at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | PS関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月02日

福音

期待の「ガンダム無双」は予想外の売れ行き。
初日で用意された分が完売するとは正直、考えてもみなかった。
本体は僅かしか動かなかったため、ガンダム&無双ファン需要よりもコレシカナイ需要が大きいようだ。
今後は、春休み特需で本体も一緒に売れてくれると嬉しいのだが。

・ソニー、振動型ゲームコントローラ問題をようやく解決(CNET)

とりあえずは、PS1&2を販売禁止になることは回避したということ。
これでPS3に振動機能復活となるかはわからない。
6軸と振動の両立に問題は無いようだし、方針転換する可能性はあるだろうか。

posted by tm at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | PS関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月07日

「ガンダム無双は」福音か、告死天使か

「ガンダム無双」 公式サイト

PVが公開された当初はサイトに繋がりづらかったほど。
やはり注目度は高いようだ。
肝心の映像の中身だが、良くも悪くも“無双”そのまま。
「デッドライジング」のゾンビよろしくワラワラ群がってくるザクやボールの大群を薙ぎ払い、グフ等の主要MSと対決するという、 武将をMSに置き換えたゲーム内容だ。
ガンダムファンと無双ファンの両方を取り込めるのか、そっぽを向かれてしまうのか。
願わくば前者であって欲しいが、PVを見る限りでは苦しい印象だ。

ビームサーベルで複数回も斬らなければ倒せないザク、何もせずに近寄ってくるだけの大量な雑魚MS、平面方向にしか動けない宇宙空間。
これらを許容できる面白さを用意しなければ客は付いて来ないだろう。
唯一、違和感の無かった部分は「Gガンダム」が登場する場面だ。
ゾンビ兵なら大量に湧いても問題はないうえに、格闘を主体とするGガンダムなら無双とも相性が良い。
東方不敗の登場が確定したことも個人的には心惹かれる要素だ。

売り上げ本数は20万本いけば大成功といったところか。
もう少し発売時期を選べば上を望めたのかもしれないが、相次ぐ延期タイトルやゲームレンタル事業凍結で決算予想が厳しい状況では余裕が無いのだろう。
コーエーにはもう少し販売戦略に落ち着きが欲しいのだが……。

posted by tm at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | PS関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月30日

ソースはソニー

ソニーのゲーム分野苦戦「生産出荷」は「正確に台数を把握できる」(Itmedia)

さすがに苦しい言い訳だ。
確かに販売台数は協力店から得た数字を総合したものであって、正確とは言えないかもしれない。
調査企業(エンターブレインやメディアクリエイト等)によっても数字に差があるのは確かだ。
しかし、生産出荷とは流通に乗ってさえいない商品の数字であり、多くはSCEの棚卸資産ということになる。
つまりは在庫であって、決算に悪影響を与える要素だ。
生産出荷のからくりが暴かれている今となっては、全く意味の無い数字に過ぎない。
何より、売る側の手ごたえと生産出荷の数字は乖離し過ぎているのが悲しいのだが。
2週間で1台も売れない20GB版なんて、もう……。

生産出荷より気になるのは、PS3はネット機能で勝負というくだりだ。
現状ではネット対応すべきタイトルがオフライン専用で発売されており、ネット機能を生かしているとは言い難い。
何をもってネット機能をアピールするのか、トロとアーカイブだけではさすがに苦しい。

PSPに関しては、中高生の間で根付いているとは思う。
移植タイトルは鈍いが、新作(続編)はそこそこ結果を残せる土壌があるのではないか。
その点で「モンスターハンターポータブル2nd」には期待している。
前作のベスト版がPSP購入者の定番になっており、PSP過去最高の売り上げになるのではなかろうか。
SCEがPSPを諦めないのは歓迎するので、コラボを強化するなら女性層に(ロコロコよりも)売れるタイトルを用意し、 メインの中高生を引っ張る話題作を何とかして欲しいところ。

posted by tm at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | PS関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月16日

生産出荷は魔法の言葉

「プレイステーション 3」日本国内生産出荷累計100万台達成」(SCE公式)

なんだか100万台売れたように見えるものの、実際は工場で生産した数が100万台に到達したということでしかない。
要するに、売れる予定でラインを動かして「100万台製造しました」と発表しただけであって、 消費者の手許にある台数とは大きく異なるわけだ。
世界で200万台、ソフトが500万本という数字も同様に生産出荷。
PSPからの傾向ではあるが、任天堂が販売台数を基に発表しているだけにより落差を感じる。
ファミ通あたりも平気で生産出荷と販売台数を並べて記事を書くものだから始末が悪い(ファミ通comでも生産出荷という言葉を避けている*修正済み) 。

現実にはそれほど売れていないわけでもないのだ。
100万台という数字は簡単に売れるものではないし(PS2は3日間で98万台を売ったがDVDプレイヤー代わりだった)、 繕うほどボロが出るだけではないか。
売れないうえに赤字の大きい20GB版は縮小し、60GB版をマイペースで売ってゆけばいい。
ソフトが揃わず、BDタイトルの発売遅れを考えれば急速に普及するわけもないのだから。

posted by tm at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | PS関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月14日

「ENCHANT ARM」PV公開中

「ENCHANT ARM」TRAILER(公式サイト)

PS3のタイトルが少ないこともあり、店頭でも流れている処が多いのではないだろうか(他に流せるのはVF5くらい)。
とはいえ、720p版トレーラームービーもあるので、店頭よりはハイビジョン環境の力を感じられるはずだ。

パッケージからも判る通り、Xbox360版よりはシリアス差を前面に出しているような感がある。
女性陣がちと男前になり過ぎではないかと思うのだが……。
実際はコミカルな部分も多いし、そのあたりをもっとアピールしても良い気はする。
“キャラクター”の項目でちゃんとわかるのだけどね。

ガンダム無双公式サイトオープン

これが起爆剤になってくれると良いのだけど。
“モッサム”で騙された人の心を癒すくらいの出来栄えを期待。

posted by tm at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | PS関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月13日

物を売られるというレベルじゃございませんことよ

発売2日間でPS3は約88000台を販売(ファミ通)

優先供給した店舗では久夛良木社長が来店し、先頭の購入者に直接手渡して盛り上がったようだ。
もっとも、それが中国人で、やりとりに困るあたりがクターらしい。
大勢の中国人が元締めの指揮の下に買い漁ったそうで、事前に品薄とわかっていただけに優先供給した店舗に殺到するという皮肉な結果だ。
ソフト装着率が1本に満たないあたり、本当に欲しい人には渡っていないのだろう。
ヤフーオークションでは5000台以上が出品され一時的に高値が付いたが、無料会員が入札可能になったこともあって荒れた状態に陥っており、 相場は大きく低下しているようだ。
明日にも追加出荷があるので、いずれ落ち着きを取り戻すとは思うのだが。

分解班の軌跡(日経エレクトロニクス)

印象的なのは巨大な冷却ファン。
これを低速で回すことで廃熱と静音を両立させているのだろう。
本体はそれほど熱くならないそうで、密閉されたラック等に仕舞い込んだりしなければ安心の模様。

PS3、互換性に不具合のPS2ソフトが200タイトル(CNETJAPAN)

MSも同様だが、謝らないにせよユーザーの気持ちを逆撫でするような発言は避けて欲しいものだ。
とりあえず公式サイトから互換情報検索ページにわかり易くリンクすべきだろう。
PS3で遊べるなら要らないということでPS2を売ってしまった人も居る。
更にはメモリーカードリーダーの出荷も不足しており、早急に対応して欲しい。

互換についてはEE+GSチップとソフトウェアでとっているのだが、後者で賄うIOP(I/O Processor) の司る音声や動画再生、周辺機器関連の部分で精度がまだ足りないようだ。
トライエース開発タイトルのように自社のライブラリで突き詰めた製作を行っているタイトルや、シーマイクコントローラのような特殊周辺機器、 HDD専用タイトル等で不具合が残っている。
発売日から配信されているアップデートで修正されたタイトルも有り、今後に注目だ。
まだ、PS2を売るのは早いだろう。
未だに初代Xboxを片付けられない私からすれば、天国のような状況ではないかとも思うのだが……。
大統領や御伽やファントムダストの互換は永遠に来ないような気がするこの頃である。

久夛良木氏を見放したソニーの迷走

ソニーびいきの日経にまでこんな記事が載る状況か。
PS3はソフトウェアで利益を得るモデルに路線変更したわけで、当面は赤字が続く。
結局のところ、Cellの外販の目処は立たないのだろうか?
XMB(クロスメディアバー)の使い勝手の良さは他社に勝るようだが、だからといってCellを採用するのはコスト面で厳しい。
CPUのトレンドから外れ、今後も状況は芳しくないだろう。
だからこそ、PS3が頼みの綱になっているのだが……。

posted by tm at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | PS関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月18日

Fate/stay night[Realta Nua]

Fate/stay night[Realta Nua]公式サイト

応援バナーを試しに設置してみた。
人気を考えると、blogを中心にバナーが広がるかもしれない。

個人的にも売り上げは期待している。
年末発売はどうかとも思うが、固定ファンや角川グループのメディアミックスによる新規ユーザーが動けば高い数字も見込めるタイトルだ。
気になるのは外注先で、「デモンベイン」のようにシステムが重くならないことを祈っている。
フルボイス仕様ということで、調整が必要なのは間違いないだろう。
プロモを見る限りでは下手に演出に手を加えてたりはしていないようだが……。

機神咆吼デモンベイン KADOKAWA The Best

ベスト版では不評だったシステムに手を加えられているらしい。
「Fate」ではその轍を踏まないようにしてもらいたいものだ。

posted by tm at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | PS関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月06日

PS1.5新価格

ニュースリリース

「みんなのテニス」に合わせて更に需要を掘り起こそうという意図か。
北米のホリデーシーズン商戦に備える時期でもあるし、PS3だけでは戦えないという判断もあるのだろう。

型番変更は、慣例からしてなんらかの変更が加えられているはず。
恐らくセキュリティ関係の内部変更がされた程度とは思うが。
互換性能についてはそのままだろう。
相変わらずPS1.5というわけだ。

posted by tm at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | PS関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月14日

クッタリ4

久夛良木健氏インタビュー(4)(PCWatch)

ぶっちゃけ、cellの外販に期待できるとは思えない。
2500億円を投じた一大事業でもあり、それをPS3の利益だけで賄うのは苦しいだろう。
EE+GSはPS2の成功によって多大な利益を上げたが、転用はPSXという失敗作のみで終わっている。
長い目で見れば、後の利益に繋がるという計画なのだろうか?

ちなみに液晶の件、ソニーはブラウン管の雄だったが液晶では出遅れている。
おかげでサムソンと組むことになって凋落が始まったわけだが、BRAVIAの販売好調で一息はつけたようだ(北米ではソニーブランド健在)。
とはいえ利益は薄いようで、PS3との相乗効果に期待したいところだろう。
未だにフルHDの恩恵を与れそうなタイトルが目立たない点は困ったものだが。

GT4HDスクリーンショット(GT4オフィシャル)

渓谷の画像で、一瞬は「おおっ」と騙される方も居るかもしれないが、右下に視線を移せば落胆することだろう。
はっきり言って、Xboxレベルにも達していない。
それもそのはずで、PS2版のデータを元に3週間で作成したものに過ぎないからだ。
“PS3クオリティ”は貧弱なRSXの能力では簡単に実現できるものではない。
Xbox360もD4解像度の内部生成&60fpsという難題は今のところは難しいようである。

「DOA4」購入者のアンケート葉書によると、ハイビション環境で遊んでいる人は3割程だそうだ。
Xbox360を購入するというマニアックな(?)層でさえ、その程度。
PS3が家庭の中心に据えられるのが当たり前の状況にならなければ、高解像度も宝の持ち腐れだ。
そのために“PS3はコンピュータ”戦略があるのかもしれないが……?!

posted by tm at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | PS関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月09日

クッタリ3

久夛良木健氏インタビュー(3)(PCWatch)

結局、PS3のオンラインで何をやりたいのかさっぱりわからんなあ。
「Microsoftは、(Xbox 360は)ゲーム機だよと言って、ちょっと前のステップにいるんだよね」って、 PS3が発売日に (どころか当分の間は)到達できない段階に達していると思うのだけど。
PS3はゲーム機としても失格しそうな現状なのに、夢だけを語り過ぎでは。
結局のところ、CellがSCEIの鬼子になるのかな……という感想しか浮かばない。

他のエントリでも書いたが、これをフォローするゲームメディアは大変だ。
電撃のような専門誌は危機感も大きいだろうし、付録路線はその仕込みかもしれない。
はっきり言って、PS2を頑張って延命してもらわないと年末商戦の弾数が足りないよ。
DSソフトの市場占有率の大幅な上昇は必ずしもゲーム業界にとって良いことばかりとは言えないのだし。
Wiiが爆発的に普及するという楽観的な予想も私には出来ない。
こればかりは、浜村通信的ヨイショに縋りたくもなるってもんだ。

それでもPS3はコケると思うけど。

posted by tm at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | PS関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月08日

クッタリ2

SCEI 久夛良木健氏インタビュー(2) (PCWatch)

後藤氏にはPS3の“コンピュータ”としての機能の内実について突っ込んでももらいたかったのだけど…… クターは受け流しちゃうだろうからなあ。
丁度、1年前のインタビューではHDDはデフォルトで載せないとか言ってたのだけどね。
BDドライブが低速なので、HDDキャッシュが必須になったのかもしれない。
20GBの容量はキャッシュとシステム領域で大半を消費しそうだし、コンピュータと言われてもね。
ちなみに、Xbox360の場合は6GBをシステムが確保している。

PS2でもコンピュータと主張してPSBBを始めたけれど短期間で切り捨てているし、PSXのアップデートも放り投げた。
今度は大丈夫なのかねえ。
絵に描いた餅発表はゲームハード業界の常だけど、金額が金額だけにね……。

posted by tm at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | PS関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月07日

クッタリ

SCEI 久夛良木健氏インタビュー(1)(PCWatch)

何故に彼に喋らせるのか。
誰か止めてあげて……。

posted by tm at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | PS関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月05日

PS3はXBOX360の半分の性能?

PS3 hardware slow and broken(the INQUIRER)

開発者向けの説明会での情報のようだ。
今年のE3では何故かスペックが公開されなかったPS3の実情が明らかに、といったところか。
これならば、killzone2が姿を見せなかった理由や、E3/2005に較べて画質の劣化が激しいタイトルが目立ったことも得心がゆく。
当初予定していたスペックで作ったテストムービーがE3/2005の映像で、実機相当での映像がE3/2006ということだろう。

当初はCellで全て賄う予定が反故になり、急遽RSXを採用したツケが回ってきたのではないか。
先週のファミ通で浜村氏がPS3に対して希望的観測を述べていたが、実情を知っているのであれば、かなり無理をしたに違いない。
ハードマニアに期待する裏返しは、ソフト不足であろうからだ。

XBOX陣営にとっては朗報なのだが、攻勢をかける気配がないのはもどかしい。
急にタイトルを用意出来るはずもなかろうが、年末にぶつけるのは勿体無い感もある。
ホリデーシーズンが年間の売り上げの多数を占めるのも事実だが。

posted by tm at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | PS関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月12日

E3

SCEのプレスカンファレンスは、終始重い空気に包まれていたように思う。
20GBHDD搭載の実質廉価版でも税込み62790円という、ゲーム機としては過去に成功例の無い価格設定もさることながら、 紹介されたゲームの多くの場面をプリレンダムービーが占めているという点が衝撃的だった。
つまりはソフト開発の遅れを示すもので、今期中に600万台という目標が空虚に感じた。
いくらPS3はゲーム機ではないと言い募っても、ソフトが無ければBDプレイヤーでしかない。
「FF13」の発表で国内を牽引しようと目論んではいるだろうが、 発売時期が示されない状態でSSとPS時代のような反応を消費者が示すかどうか……。

安すぎたかも(ITmedia)
年間1000万台くらい売れる(読売)

SCE社長は例の如く強気だが、ビジネス系メディアの評価は辛かった。
テレビ東京のニュースでは、今期のゲーム部門の損失を1000億円程度と予想。
シェア予想でも、MSと任天堂陣営が伸張するとした。
某週刊誌副編集長は「この時代に生まれてよかった! 心から、そう思った」とblogに記しているが、 多くの人にそう思わせることを出来るかどうか。
SONY得意のプロモーション戦略の手腕が問われそうだ。

なお、20GBHDD版がHDMIを搭載しないことでBDを見られないという非難は間違いだ。
2010年末まではアナログ出力(HD可能)が認められることで合意を得ており、その後は適宜改定される話になっている。
むしろ問題は、明かされていないCellの最終スペックやPS2メモリーカードの扱いではなかろうか。
昨年のリリースよりは機能が省かれているだけに、詳細が明かされていない点で不安が残る。

posted by tm at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | PS関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月17日

FFXIIの売れ行き

初回入荷分は予約を除いて売り切れ、追加分の残りが4割弱といったところ。
週末の早い内に売り切れそうだ。
「初期出荷で二百数十万は出ていると思う」とのことで、初日で214万本出荷したFFXとも遜色はない。
ただし、市場に残った在庫がどれだけかが判明するには暫くかかるだろう。
初週の消化率がどれだけのものなのか興味深い。

余談だが、「FINAL FANTASY XII PACK」の定価が下がったというのは間違いだ。
オープン価格であって定価は定められておらず、 当初は2万7千円台で予約販売されていたのだが、仕入れ価格が変更されたことを受けて販売価格が見直した店があったに過ぎない。
「SCEはなぜ発表しないのか」という非難はお門違いである。
現在は、PS.comでも販売価格が変更されている(予約者に補填されたのかは不明)。
PlayStation 2 ファイナルファンタジーXII Pack

 

 

 

 

PlayStation 2 ファイナルファンタジーXII Pack

posted by tm at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | PS関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不正技術を組み込むって?

15日ソニーが安い、PS3の発売先送り報道(ラジオNIKKEI)

“内蔵する次世代DVDに組み込まれる不正技術の規格決定が予定よりも遅れているためとしている”

ただの脱字とはいえ、「ソニータイマーか?!」と即時に考えてしまう自分は毒されているなあ。
この不正防止技術を生かすために、PS3では全てブルーレイで供給されるとのこと。
二層DVD程度に抑えるとしても、多少は価格に反映されるかもしれない。

PS3の次の課題はローンチタイトル(PCWatch)

現状で春予定とされているのは2本のみ。
果たして発売日までに揃うタイトルがどれだけあるのだろうか?

Xbox360陣営としては今がチャンスだが、「戦略を変えるつもりはない」そうで。
日本市場では4/1から丸山氏から泉水氏へ事業本部長を交代する。
なんとかテコ入れを図って欲しいのだが、さて。

posted by tm at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | PS関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。