2007年10月12日

PUZZLE QUESTが面白い

Xbox LIVEアーケード(以下LA)にて昨日配信開始された「PUZZLE QUEST(以下PQ)」が予想外に面白い。
発売元はD3パブリッシャーで価格は1200MSP(1800円)。
海外ではDS、PSP、PC版が発売済みで、PS2及びWii版も来月に予定されている。
国内ではPSP版が一番乗りで9/27発売、つまりXbox360版は2番目というわけだ(DS版は発売延期中、PC版は体験版が配信されているものの発売日は未定)。

ルールは単純で、同じ色の宝石を縦もしくは横に三つ並べれば消えるというもの。
それだけならば「ZOO KEEPER」のようだが、「PQ」 では戦闘の要素を追加してRPG風に仕上げているのが面白い。
キャラクターには4種の職業が用意されており、成長の違いや武具の装備、更には魔法や騎乗する魔物といった豊富な要素が用意されている。
あまりに多すぎて最初は敷居が高く感じられるかもしれないが、それだけやりこめる内容なのでまずは体験してみて欲しい。
LA版はもちろんネット対戦に対応している。

なお、LA版は文字が小さめで読み難いので注意が必要だ。
PSP版同様に誤字誤訳も多く、改行や句読点の位置がおかしいというローカライズ物にありがちな問題を抱えている。
DS版が発売延期しているのは修正を行っているからかもしれない。

posted by tm at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | XBOX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月06日

ルータの子機が壊れる

NECのPA-WL/54TEという物で愛用していたのだけど、匂いからして内部が焼損した模様。
3年間繋ぎっぱなしでよくもったと言うべきか、商品の性格を考えれば耐久性が低いとも言えるのか。
元々発熱が大きい製品であったし、今年の猛暑が堪えたのだろうか?

仕方ないので予備にとってあったコレガのWLCVR-11を繋いでみたら下り速度が半分以下に……。
何やら不安定だし、Live対戦時等を考えると買い替えかな。
現行のメディアコンバータタイプの子機PA-WL54SE2は価格comの最安で\11457、 対してWR6600シリーズ最新のWR6670Sと同梱が\14897。
それほど性能向上は無いだろうし、悩むなあ。
WiiやDSを無線で繋ぐのに便利だから、WR7870S/SEあたりにしようかな。
価格も6670S/SEとほとんど変わらないし、XboxLiveの接続性リストでも保証済みで安心。

……などと書きつつ調べていたら不具合あったのかい!!
う〜む、こりゃもう暫く使い続けるかな。

posted by tm at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | PC関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月04日

高校生ドラフト

佐藤由と岩崎を外し、赤坂和幸と樋口賢という二人の右腕を獲得。
両者とも即戦力とはいかないようだが、将来性に期待したい。

赤坂は中田と同じく投打に優れた選手だが、投手として勝負したいとのこと。
解雇通告されたロッテ藤井のような例もあるし、首脳陣には一貫した育成をお願いしたいものだ。

樋口は英国人の父を持つハーフで、そのマスクが人気を呼びそう。
まだまだ技術的にこれからのようだが、先が楽しみだ。

デニーがきょう4日の広島戦で“サヨナラ登板”(スポニチ)

退団は決定だが、引退かどうかは決めてないとも。
肘が思わしくないようだし、年齢を考えると難しいか。
大ちゃんも辞任で揃って球界を去るのかなあ。

posted by tm at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 中日ドラゴンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アニメ版もっけ第1話 ミコシ

公式サイトの登場人物の項ほど酷くはないものの、やはり作画はイマイチ。
特に顔のバランスが悪いのと、表情に欠ける点が厳しい。
それほど動きのある作品では無いだけに誤魔化しが効かずに難しいだろう。
“ミコシ”の異形っぽい表現や登場した際の演出で意図的に変化を付けたことも、かえって原作ファンに不評をかってしまったのではないか。
製作はマッドハウスだが、どうやら下請けの手塚プロダクション色が強く出ていると思われる。

肝心の脚本は、ほぼオリジナルとなっている。
祖母(原作では亡くなっている)のために花を集める瑞生はおばあちゃん子という設定だから良いとして、花を「かわいいー」 などと眺めている姿に違和感が。
“ミコシ”は映像としても地味であり(だから過剰な姿になったのだろうが)、原作では過去の話を絡めて“見鬼”と“憑巫(よりまし)” という能力に対しての不安と希望を扱った話でもあって最初に持ってくるべき内容ではなかったのではないか。
その点で、次回は“ナガレイタチ”というわかりやすい話で期待できそうだ。

posted by tm at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑多 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月03日

4位確定

ハム:000 010 000 :1 5 1
楽天:002 000 30x :5 6 0

(日)グリン、吉川−高橋、鶴岡
(楽)田中−嶋

【勝】田中(11勝7敗)
【負】グリン(9勝8敗)

田中が完投で11勝目。
これで楽天の4位が確定し、田中も新人王当確と良い事尽くし。
それもあってか、ノムコメはデレデレモードに。
「このままいけば、来年は間違いなくエースだ」という褒めっぷり。
岩隈、一場、朝井も居るし、来年は更に楽しみなチームになるだろう。

プロ初スタメンの枡田は4打数2安打2打点の活躍。
元より打撃には定評があり、手薄な内野で頭角を現すのは必然だったかもしれない。
来季はベテランの高須、怪我からの復帰を目指す西谷との争いに参加しそうだ。

来季の選手契約について

活躍する選手もあれば、去る選手もあり。
7名の選手が楽天を去ることになった。
これで最後の発表というわけでもなく、恐らくは外国人選手からも解雇者が出ると思われる。
大社ドラフトの成果次第で変動はあるだろうが、内野手が足りないので更に多くの発表は無いのではなかろうか。

高校生ドラフトは投手三人

佐藤由を競合で外したのは残念だが、北海道一の評価な寺田龍平を一位指名。
即戦力とはいかないものの、素材が良く成長が期待できるらしい。
創設3年目で若手が少ないだけに、大切に育ててもらいたい。

posted by tm at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球雑多 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月25日

コミック版カルドセプト6巻発売中

6巻

前巻の発売日が2005年9日21日ということで、丁度2年ぶりの新刊!
休載期間があったとはいえ、2年間を凝縮したともいえる珠玉の一冊となっている。
これを読めば、「カルドセプト」を遊びたくなること請け合いだ。

続きを読む
posted by tm at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | カルドセプト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

STRANGLE HOLD

表

STRANGLE HOLD」がプレイアジアから到着。

ジョン・ウーの世界で闘えるFPSで、主人公はチョウ・ユンファがモデル(声も担当)というファンには堪らないゲームだ。
日本での発売は未定だが、マーケットプレイスにて体験版は配信されている。
北米のPlayStationStoreではPS3版、4gamer等でPC版デモもあり。
おおよその内容は掴めるので、触れてみてほしい。

続きを読む
posted by tm at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | XBOX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月24日

岩隈が完投逃す

西武:000 000 002 :2 8  1
楽天:010 101 10x :4 12 .0

(西)西口、小野寺、許−細川、銀仁郎
(楽)岩隈、小山−嶋

【勝】岩隈(5勝4敗)
【負】西口(9勝10敗)
【S】小山(3勝1敗15S)
【本】(楽)礒部5号(4回) (西)和田16号(9回)

岩隈は球数が多かったものの、直訴して9回も投げたのだが残念ながら捕まって小山に救援を仰ぐ結果になってしまった。
ただし、投球内容は良く、野村監督も安心して見ていられたようだ。
そして、休養十分の小山は球威が戻って一安心。
福盛のFA絡みもあり、来季も頼りになる抑え候補となるのだろう。

楽天、観客動員数100万人突破(報知)

フルスタの収容人数が2万3千人でもあり、寒い季節が長い立地条件を考えれば立派な数字だ。
ルーキー田中の人気も寄与しているだろうが、 なんといっても昨年より格段に粘り強くなり最後まで期待できる試合が増えたことが大きいのではなかろうか。
“ベースボールパーク”としてイベントに力を入れたこともあるだろう。
来年は更に野球界を盛り上げてくれるに違いない。

楽天の関川が引退(中スポ)

今季は出番が少なく、若手の面倒を良く見ていたようだ。
既に複数の二軍コーチが退団しており、そのままコーチ就任と見られている。

ガッツあるプレーが身上で、移籍した中日では99年の優勝に大きく貢献してくれた。
苦労もしているし、きっと若手を鼓舞する良いコーチになってくれると思う。

関川浩一公式サイト

posted by tm at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球雑多 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

M7点灯

中日:200 210 200 :7 14 0
巨人:010 210 001 :5 8 .1

(中)山井、石井、岡本、岩瀬−谷繁
(巨)木佐貫、金刃、吉武、西村−阿部

【勝】山井(5勝3敗)
【負】木佐貫(12勝9敗)
【S】岩瀬(1勝4敗41S)
【本】(巨)李28号(4回) 阿部32号(9回)

天王山初戦は打ち勝って先勝!

打線の軸になっていた中村紀が腰痛でスタメンを外れる厳しい状況の中、野手の頑張りと中継ぎ陣の好投で勝利をもぎ取りM7を灯した。
走塁でチャンスを広げるドラゴンズらしさが出たことも嬉しい。
ウッズの盗塁に関しては、「行けると思ったから行ったんだろ」という監督と「盗塁はサインだった。 フェンスに当たってツーベースがシングルだったから、監督が怒って二盗のサインを出したんだろう」と面白い話に。

明日は山本昌の登板が予想されている。
小笠原と並んで連勝ストッパーになっているが、あまり打線の援護が無いのも事実。
手強い内海相手であろうだけに、なんとか最小失点で抑えて好調の中継ぎに繋いで欲しい。

posted by tm at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 中日ドラゴンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月19日

PS3 with FP94VW

PS3をFP94VWとHDMI接続して撮影している。
全てD4出力となっている(Fateのみ特殊)。
左側はアスペクト比16:9でサイドカット、右側は16:10フル表示で縦伸びになっているので見較べてみて欲しい。
なお、画像サイズはFP94VWの解像度1600x900に近く、非常に大きいので注意していただきたい。

続きを読む
posted by tm at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | PS関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。